We are Fighters

DOA6 システムおさらい

ケイスケ2019-02-07に開始した「DOA6」の中の討論

  1. ケイスケ

    ケイスケ New Member

    メイン:
    ハヤブサ
    とりあえず全キャラが出揃ったのでDOA6の新(復活)システムをざっくりおさらいしようと思います。長文失礼します!m(*_ _)m

    ☆ブレイクゲージ
    打撃や投げ、ホールドなどの行動をすると溜まるゲージ。ゲージは2本まで貯めることが出来、打撃や投げ、ホールドなどの特定の行動で貯めることができる。ゲージが残った場合は次ラウンドに持ち越しされる。

    ☆フェイタルラッシュ
    S(スペシャル)ボタンで発動する上段技。最大で4段まで出すことが出来、ブレイクゲージがMAXの場合、4段目が自動的にブレイクブローと呼ばれる必殺技に変化する。ラッシュ4段目の時に4を押しながら出すとブレイクブローが発動せずにコンボが出し切りの状態となる。初段ヒット時に通常のホールドが出せなくなる特殊なよろけが発生する。略称はFR

    ☆フェイタルスタン
    FR等の特定の打撃を当てることによって発生する特殊なよろけ状態。このよろけ中は通常のホールドが出せなくなり、ゲージを使用して発動する特殊なホールドしか出せなくなる。略称はFS

    ☆ブレイクブロー
    →Sボタンで出せる大ダメージ技。使用時にはブレイクゲージを全て使用する。上段と中段の捌き性能が付いており相手の打撃をホールドするように出せる。ただし下段打撃をされると負けてしまいブローはキャンセルされてしまう。捌き属性が付いているのでタイミングが悪いと投げも食らう。空中コンボに取り入れるなども可能。
    ヒット時にHボタンでダメージと演出をキャンセルすることができ、スタン状態からコンボをさらに狙うことが出来る。略称はBB

    ☆ブレイクホールド
    ←Sボタンで出せる特殊なホールド。使用時にはブレイクゲージを1本使用する。FSが発生した場合、このホールドしか出せなくなる。上・中・下全ての打撃をホールド出来るが、ホールドに成功すると相手への微量なダメージと裏にまわるという状態になるので緊急回避手段に近いイメージ。
    略称はBH

    ☆壁強やられ
    壁に打撃を当てると、倒れることなくもう一度浮かせが狙える状態になるよろけのこと。反対に壁弱やられは壁に当てるとそのまま倒れ込み、壁コンが拾える状態になるやられのこと。
    (※壁強、壁弱はあくまで僕が勝手にそう呼んでいるだけです。正式名称は不明です。)

    ☆(追記)サイドアタック
    ↑Sか↓S入力(サイドステップ)後にもう1度Sボタンで発動する打撃。直線打撃を避けることが出来、かなり使い勝手が良いと思われる。ガードされると投げ確。
    略称はSA

    とりあえずざっくり書いてみました。これを見てシステムの理解が深まって頂けたら幸いです!
     
    #1
    最後に編集: 2019-02-28
    シマズ, Kasumilover69 and 輝Rock like this.
  2. しんいち

    しんいち New Member

    都道府県:
    東京都
    メイン:
    マリー・ローズ
    ブレイクゲージの増加量についての解析結果ができました

    通常技・投げ・ホールド・壁ヒットなど
    ・与ダメージに対して【35%】が加算される
    ・受ダメージに対して【17.5%】が加算される
    ・小数点以下は切り捨て
    ・地上空中に関わらず加算倍率は上記のまま不変(ダメージは補正減退などがあるがゲージにはそれがない)


    フェイタルスタン・フェイタルラッシュ
    ・ダメージ×35%+10が加算される。最初のヒットやよろけ継続中ヒットに関係なく+10だけは固定
     フェイタルによるボーナスとは この+10のことを指している
    ・空中コンボ中は通常技・ラッシュにゲージ増加の差はなく一律で35%だけになる


    フェイタルラッシュ
    ・そのまま使うと大抵は15・12・11・5の43になる。途中に多段技がある場合は多くて48になる。
    ・バシューン!って音が鳴る部分にボーナス判定が付与されるので4段目の吹き飛ばし部分には+10が適用されない
     逆に言うとSSS > P > SSS などでフェイタルスタンを多く継続させればその間は+10のボーナスがずっと付与される


    打撃ガード時
    攻撃側:ダメージの17.5%が加算
    防御側:ダメージの4.375%が加算される(と思われる)が、大抵は1か2になるのでいちいち計算するほどの数字ではない
     
    #2
    輝Rock likes this.

このページを共有