We are Fighters

[DOA6]システム解説 - Historical

により適用さた マット: 2018-06-22 at 14:53

(履歴)
[DOA6]システム解説
Old VersionNew Version
1[h2]新システム[/h2] 1[h2]1.初心者向け基本システム[/h2]
2ボタンは既存の:h:、:P:、:K:に加えて新しく「s」が追加。 2キャラクターは方向キー+4ボタンで操作する。
3「s」ボタンは:h+p+k:で代用可能。 3テキスト上でコマンドを表記する際には各方向を示す数字を使う。(テンキー表記)
   4「7」「8」「9」  7 8 9
   5「4」「5」「6」  4 5 6
   6「1」「2」「3」  1 2 3
4 7 
5[h3]サイドアタック[/h3](:8:or:2::+:「s」) 8コマンド表のグレー矢印は、対象キーの長押しをあらわす。
   9テキスト上で記す場合、DOAではテンキー表記のあとにアンダーバー(_)を付けて長押をあらわす。ボタンの場合も同様に長押しにはアンダーバー(_)を使う。
   10:7_::8_::9_:  7_ 8_ 9_
   11:4_:「5」:6_:  4_ 5 6_
   12:1_::2_::3_:  1_ 2_ 3_
   13
   14「P」 パンチ [P]
   15「K」 キック [K]
   16「H」 ホールド (ガード) [H]
   17「s」 スペシャル 
   18
   19恐らくアーケードコントローラでのボタン配置の標準は下記のようになると思われる。(予想)
   20_____________
   21「P」「K」「s」
   22「H」
   23_____________
   24
   25
   26[h3]1.1. Sボタンの追加[/h3]
   27DOA6からは既存の「H」、「P」、「K」に加えて新しく「s」ボタンが追加された。
   28「s」ボタンは:h+p+k:で代用が可能。
   29
   30[h3]1.2. サイドアタック[/h3](「8」or「2」「+」「s」「s」)
6横に回避行動を取りつつ、そのまま打撃を出す攻撃。 31横に回避行動を取りつつ、そのまま打撃を出す攻撃。 
7直線的な攻撃を避けつつ攻撃を出せる。 32直線的な攻撃を避けつつ攻撃を出せる。 
8[h3]test[/h3]   
9 33 
10[h3]ブレイクゲージ[/h3] 10[h3]1.3. ブレイクゲージ[/h3]
11体力バーの下に表示されるゲージ。 35体力バーの下に表示されるゲージ。 
12ゲージは、攻撃によってダメージを与えたときか、被ダメージ時に増加。 36ゲージは、攻撃によってダメージを与えたときか、被ダメージ時に増加。 
13ホールド成功時は増加量大。 37ホールド成功時は増加量大。 
... ... 
24ブレイクゲージ満タン時にはフェイタルラッシュの4段目がブレイクブローになる。(ブレイクゲージ消費) 48ブレイクゲージ満タン時にはフェイタルラッシュの4段目がブレイクブローになる。(ブレイクゲージ消費) 
25 49 
26 50 
27[h3]ブレイクブロー[/h3](:6::+:「s」) 27[h3]ブレイクブロー[/h3](「6」「+」「s」)
28満タンのブレイクゲージを全消費して出せる。 52満タンのブレイクゲージを全消費して出せる。 
29DOA5のパワーブローに相当する技。 53DOA5のパワーブローに相当する技。 
30ヒット時は演出が入り大ダメージの攻撃になる。 54ヒット時は演出が入り大ダメージの攻撃になる。 
... ... 
33空中コンボとして当てることもできる。 57空中コンボとして当てることもできる。 
34 58 
35 59 
36[h3]ブレイクホールド[/h3](:4::+:「s」) 36[h3]ブレイクホールド[/h3](「4」「+」「s」)
37上中下、全ての属性の打撃をとれるホールド。 61上中下、全ての属性の打撃をとれるホールド。 
38ブレイクホールド成立時は相手に微ダメージを与えつつ相手の背後に回り有利になる。ホールド持続時間はノーマルホールドと同様。 62ブレイクホールド成立時は相手に微ダメージを与えつつ相手の背後に回り有利になる。ホールド持続時間はノーマルホールドと同様。 
39フェイタルスタン中はブレイクホールドのみ出すことができる。 63フェイタルスタン中はブレイクホールドのみ出すことができる。 
40 64 
  65[h2]中級者以上向け システム解説[/h2] 
41 66 
42[h2]新デンジャーギミックについて[/h2] 67[h3]コマンド表の長押し入力について[/h3]
   68例えばエリオットの:3_:「P」は「3を長押ししながらP」で成立するのに対し
   69あやねの:1_:「P」「K」は「1Pを入力してから1をそのまま入れっぱにしつつK」で成立する。Kを押す前にキーを離してしまうと「1」「P」「K」という別の技が出てしまう。ザックの「P」「P」:2_:「K」「K」「K」「K」等も同様。
   70
   71つまり
   72技表の表記で単発技におけるグレー矢印は「ボタン入力前に対象キーを長押し」なのに対し、
   73連携技におけるグレー矢印は「最後のボタンを入力するまで対象キーを長押しする」という意味になる。
   74
   75[h3]タメ技について[/h3]
   76ジャン・リー「3」「3」:P_:のようにボタンを長押しすることによって技の性質が変化するものがある。
   77この場合、ボタンを押し続ける必要はあるが、方向キーは離しても問題ない。
   78
   79[h2]デンジャーギミックについて[/h2]
43[h3]マスデストラクション[/h3] 80[h3]マスデストラクション[/h3] 
44ブレイクブロー等の相手を大きく吹き飛ばす技で、ステージに置いてあるドラム缶や木箱に当てると大ダメージが与えられる新たなデンジャー 44ブレイクブロー等の相手を大きく吹き飛ばす技で、ステージに置いてあるドラム缶や木箱に当てると大ダメージが入るデンジャーギミック
45 45[S]
46 46[/S]
47[h3]ランブルデンジャー[/h3] 84[h3]ランブルデンジャー[/h3] 
48ステージ内の観客に相手を吹き飛ばすと、観客達がそれを押し返すというギミック。 48ステージ内の観客に向かって相手を吹き飛ばすと、観客達が押し返してくるギミック。
49押し返された相手は無防備状態になりコンボが継続できる。 86押し返された相手は無防備状態になりコンボが継続できる。 
50 50